導入事例

Jootoは個人事業主から法人まで幅広くご利用頂いています。
プロジェクトの業務効率が上がった活用事例をご紹介いたします。
TSOL尾花様

東武ビジネスソリューション株式会社

紙に書くアナログさを感覚的に残しつつ、タスクの期限日をデジタルにメール通知してもらえる。そういう融合のようなものが感じられます。多機能なツールは沢山ありますが、Jootoは「何をするためのサービスなのか」が明確にわかるのがいいですね。

事例を見る
那住史郎様

那住行政書士事務所

行政書士のためのメジャーな業務支援ツールは実はあまり存在していないのです。許認可の仕事と、契約書作成の仕事だと、タスクに書き込む内容が全く違います。どんな業務にも幅広く対応出来るのがJootoでした。

事例を見る
名久井咲様

デザイナー、名久井咲 さん

月末月初でバタバタしていると「メールで送ったっけ?」みたいなやりとりがクライアントと発生する場合があります。メールだと大事なものも埋もれてしまうことがありますよね。Jootoにアップロードしておけば、こういうのも無くなります。

事例を見る
橘社長

キーナスデザイン株式会社

Jootoでガッツリとスケジュールを組んで、粛々とタスクをこなしていくと手戻りが少なく、プロジェクトが早く終わる、という実感があります。社員からの報告ツールとしても機能を果たしています。スマホアプリもあるので出先で見られるのも良いですね。

事例を見る
aucfan_top

株式会社オークファン

使い方をインプットしないといけないのは面倒で、すぐにタスク管理を開始したかったんです。Jootoはそこの温度感というか、直感的に使いたい!という私の希望にマッチしていました。タブ形式で簡単に複数のプロジェクトを管理できるのもポイントでした。

事例を見る
日向野さん

株式会社プロトソリューション

記憶補助ツールとして自分のメモ管理としても機能していますが、やはり誰に何を依頼してるのか、がメンバー別に可視化されてるというのがいいですね。毎日とりあえずJootoを見ればいい、という状況を作り出しました。

事例を見る
webディレクターズマニュアル中村さん

Webディレクターズマニュアル、中村さん

Webディレクターのタスク管理ってゴチャゴチャするんです。ただのメモだったり、いきなり依頼されて優先順位も設定出来ず放置されてるタスクだったり、どう分類していいかわからない仕事が結構あって、悩んでたんですがそんな時にJootoに出会いました。

事例を見る
キャリアベース中嶋さん

株式会社キャリアベース(編集プロダクション)

「ミスが多い」「このままではミスは減らない」という事態から脱却できず、さらには責任者のキャパオーバーで脳内管理方式の進捗管理が破綻。「みんなが見える」ツール導入を検討し始めました。それがJootoでした。

事例を見る
hayakawasan

ライター・出版社勤務の千祈(Kazuki)さん

自分のパソコンを持っていなかったアナログ派の私でも、マニュアルをほとんど読まずに感覚的に使いこなすことができました。リストからリストへタスクを移動させる“サクッと感”や、タスクを完了した達成感が、使っていて非常に心地いいなと感じています。

事例を見る
door2-1024x576

菅井会計事務所

社外からの情報や依頼を共有し、個人のタスクに振るという作業が多いので、まさにJootoはピッタリだと感じ導入にためらいはありませんでした。

事例を見る
kentarou-1024x576

株式会社 JAPASIAN(インドネシア進出支援)

インドネシアはASEANの中でもインターネットが不安定で速度も遅いことで有名です。あまり複雑なシステムを導入することもできず、シンプルでありながら要所を抑えた進捗管理の仕組みが必要でした。

事例を見る

無料でJootoを使ってみよう!