知ってると上手く使えるJootoの型

Jootoはあらゆるチームや組織で利用できるタスク・プロジェクト管理ツールです。
プロジェクトを作成したけど上手く使えない、ボードをどんな型にしたら運用が上手くいくの?など基本の型だけではなく職種別にご紹介いたします。

目的別の使い方

Jootoのボードは目的に応じて様々な活用方法が可能です。
Jootoを使って何を解決したいのか、チームや組織でどのようにプロジェクトやタスクを管理したいのかをベースに型を選んでみましょう。
基本の型を理解すれば、楽にかつスムーズに管理ができるようになります。

チームメンバーの業務管理

各担当者の業務量の把握や担当者ごとに業務を管理したい場合の型になります。担当者ごとにリストが生成されているので、他の担当者と引継ぎや連携もスムーズに。

業務進捗管理

チームやプロジェクトの業務進捗やタスクの残量を見える化し、効果的な進捗管理方法です。チームやプロジェクト全体の業務進捗やタスクの残量がひと目でわかるようになります。

プロジェクト管理

「期間が決まっている」「定常業務ではない」業務の管理における管理方法です。プロジェクトの進捗具合や残タスクの量、タスクの引き継ぎやタスクに関するコミュニケーションが煩雑などが解消されます。

案件進捗管理

問い合わせ管理、営業案件管理、採用管理など、案件の進捗状況管理には、業務の流れに沿ってリストを作る方式(フロー型)が有効。案件の進捗状況をひと目で把握するのに最適な方式です。

業務領域別の業務管理

チームの業務領域が多岐に渡る場合、業務の領域別にリストを分けることで、各領域の状況がひと目で把握するのに最適な方式です。

職種別の使い方

Jootoをご利用されているメンバー様の成功事例を元に、職種別で型をご紹介します。
チームの人数や組織規模にかかわらず使うことができます。

営業・セールス

チームワークをより強固なものにし、
全体の売り上げをアップしましょう。

ITエンジニア

開発メンバーそれぞれのタスクを把握し、
プロジェクトを完遂しましょう。

経理

組織におけるお金の流れを、
正確なスケジュールで管理しましょう。

広報

多岐にわたる社内外の広報の仕事も、
カンバンを並べてスッキリと。

採用

業務情報をチームでシェアし、
採用の効率化を図りましょう。

ライター

ガントチャートで各案件の納期を確認。
優先度を意識してタスクを処理できます。

デザイナー

ひとりひとりの案件を整理し、
タイトなスケジュールをクリア。

思わず、仕事が楽しくなる。
新しいプロジェクト管理を
始めましょう。

まずはチームで体験してみましょう。
Jootoなら、誰でもカンタンに使えます。