そもそもタスクとプロジェクトの違いは?

タスクとプロジェクトの違い

Jooto の機能や活用例を紹介してきた上で、「タスク」「プロジェクト」と当たり前のように使っていましたが、そもそもタスクって?プロジェクトって?と疑問に思っている人もいるかもしれませんので、その解説をしたいと思います。
 

 タスクとは?

英語で「TASK」、そのまま直訳すると「作業」「課題」「仕事」ですが、コンピューター用語として、「パソコンが行っている個々の作業のこと」「コンピューターが処理する仕事の最小単位」という意味があります。

アプリの普及もあるためか、コンピューター関連のしごとをしていなくても、この「タスク」という言葉をに耳にするようになりました。
その場合はやはり、「作業」「課題」と捉えていいかと思います。

複数の作業を「マルチタスク」などのようにも言います。
 

プロジェクトとは?

・目標を達成するための大規模な計画と実行のこと。
・人によって遂行される。
・期限が定まっている。
・スタートとゴール地点がある。
・小さな目標の達成のためのものではなくて、大きな目標を集団で実行するものを指す

など
プロジェクトの進捗を管理することを「プロジェクトマネジメント」とも言います。

 

それではタスクとプロジェクトの違いは?

■ タスク ⇒ 最小単位ですぐに取り掛かれる作業や課題
■ プロジェクト ⇒ 最小単位の作業(タスク)が複数集まった大きな計画

「プロジェクト」という大きい単位の中に「タスク」という小さい単位があるイメージです。
 

具体例 その 1: 会社忘年会

「忘年会」は即座に行動する作業のようなものではなく、漠然としているので「大規模な計画=プロジェクト」。
忘年会を実現するためには過程があり、るので、その一つ一つの「細かい作業や計画=タスク」となります。

■ プロジェクト 「忘年会」
■ タスク
・幹事を決める
・予算・日程を決める
・参加人数を確定する
・開催場所のリサーチ、予約手配をする
・当日の催し物・ゲームなど内容を決める
・景品や備品を手配する
・開催の詳細を社内通知する
・当日の会計管理

project-task1

 

具体例 その2: ヨガを新しく習う

ヨガを習うという「プロジェクト」を実現するための計画と実行を「タスク」としてリストアップしていきます。

■ プロジェクト 「ヨガ」
■ タスク
・スタジオのリサーチ
・体験練習参加
・ウェアやマットの購入
・スタジオへ入会手続き
・月謝などお支払
・受講クラスの予約

project-task

 

まとめ

タスクはできるだけ細かくリストアップしたり、サブタスクやチェックリストを活用するとさらに細かく管理できます。

タスク管理、プロジェクト管理とは、文字通り「作業」「仕事」「計画」を「管理」することです。

タスク、プロジェクトの違いが明確になれば、Jootoを利用する上でも「プロジェクトボード」に「タスク」を追加していく、という基本的な流れをつかんで活用しやすくなると思います。

 

 

タイラーサムネイルタイラーのプロフィール
日本で基幹系のシステムエンジニアとして数年働いた後、シンガポールに渡り、現地スタートアップ企業で投資・金融系のシステムを1から作り上げた。2015年よりJOOTOにCTO(最高技術責任者)として参画。タスク管理が意外とニガテなので、ブログ書きながらタスク・プロジェクト管理のプロになろうと決意。