まだ間に合う!不足の事態にそなえたテレワーク導入ガイド

▼本資料を読むと以下の内容がわかります▼

テレワークが普及する背景
テレワークのメリット
テレワークを進める上で準備
  • ・物理的な環境における課題
  • ・セキュリティーにおける課題
  • ・マネージメントにおける課題
  • ・企業文化や職場の雰囲気における課題
他社のテレワーク導入事例
テレワークに役立つツール

▼テレワークにおけるこんな悩みを持つ方へ▼

社内でテレワークが浸透しない
テレワークをスタートするにはどんな準備が必要なの?
テレワークをしている会社はどのように実施しているの?
テレワークを実施した場合の評価はどうしたらいいのかわからない
コミュニケーションやタスクのアサインはどうしたらいいのか?
セキュリティーが心配。どんな対処が必要?
どうやって社内で共通の姿勢を醸成するべきなのか?

働き方改革を背景に徐々に普及をしてきたテレワーク導入の流れは、2020年コロナウィルスによる新型肺炎の流行を受けて一気に加速しました。このテレワーク導入の緊急対応を迫られる中で、その環境やルールの整備が後手に回ってしまっている企業も少なくないでしょう。
そんな企業のために、本資料ではテレワークを導入する上で検討すべきポイントを整理しました。チェックポイントは以下の4つの課題に対応する形で分類をしています。

・物理的な環境
・セキュリティ
・マネージメント
・企業文化や職場の雰囲気

物理的な環境というのは端末や仕事をする場所の準備に関する話です。例えば、テレワークを行う社員に貸し出しを行うための十分な端末があるのか?自宅で仕事ができない社員はどこでテレワークを行うのか?といった点がポイントになります。

端末や場所の話とも深くつながってくるのがセキュリティです。もしこれまでのセキュリティのルールが社内からのアクセスのみを前提としていたとすると、テレワーク導入時には、ネットワークへの接続方法、端末へのパスワードの設定、情報の扱いに関するポリシーなどを見直す必要があるでしょう。

また、テレワークの導入にあたっては、マネージメントのスタイルも変革をする必要があります。業務の把握や評価の仕方も非対面を前提とする必要があります。マネージャーにとってはカジュアルなコミュニケーションを取りづらくなるという点も課題となるでしょう。スムーズなリモートワークの実現のためにはこういったポイントもクリアしなくてはいけません。

最後に、テレワークを進めていく上では、社内の雰囲気作りも非常に大切になります。「なんとなくテレワークをしづらい雰囲気がある」「テレワークをしたら取り残されそう」という声が聞かれるようであれば、知らずしらずのうちに根付いた企業文化や職場の雰囲気が足かせになっている可能性があります。決して容易ではありませんが、テレワーク導入にあたってはこういった点も見直しが必要となります。

詳細は以下のフォームで資料をダウンロードしてご確認ください。

資料のダウンロードは以下から可能です