プログレスバーが魅力なチェックリストはタスク内容を項目で管理

new-features

タスクの内容はタイトルと説明に入力しますが、さらに細かく分けたい時に便利なのがチェックリストです。

例えば、タスク名「今月の大掃除」とすると、チェックリストには「ガスコンロ」「換気扇」「エアコン洗浄」のように項目で分けて管理することができます。

実は以前も紹介したことがあるのですが、おススメ機能なのでもう一度より詳しく紹介します!

チェックリストの作成方法

1. タスク画面より[ チェックリスト ] アイコンをクリックします。

checklist-revise1

 

2. チェックリストのタイトルを入力します。

checklist-revise2

 

3. アイコンをクリックして、アイテム(項目)を追加をします。

checklist-revise3

 

4. アイテム(項目)を入力し、✔ ボタンをクリックして保存します。

checklist-revise4

 

5. アイテムが完了したらチェックボックスにチェックします。

チェックすることでプログレスバーと進捗具合の% (全項目数 ÷ 完了項目) が自動的に更新されます。

checklist-revise5

保存済みアイテム(項目)の編集と削除

アイテム名をクリックすると編集モードに切り替わります。
「タイトルの修正」「アイテムをタスクに移動(タスクとして分別)」「削除」が行えます。
編集が終わったらをクリックします。

checklist-revise6

 

アイテムをドラッグ&ドロップで並び替え

アイテム名を左クリックでドラッグ、そしてドロップすることができます。
アイテム数が多い場合、優先的に行いたいものを上位に移動させることで見やすく管理します。

checklist-revise7