プロジェクトの権限について

Jootoでは組織の権限とプロジェクトの権限が存在し、それぞれの権限を使うことで機能を制限することが可能になります。

プロジェクトの中で最も強い権限を持つのが「プロジェクトマネージャー」です。通常グループの中で最も多いのが「メンバー」、制限つきの権限が「サブメンバー / 外部メンバー」と「閲覧者」です。

※組織の権限に関しては、こちらをご参照ください。


■プロジェクト内の権限は5つあります。

プロジェクト内の権限は、以下の5種類となっております。  

[プロジェクト マネージャー]:メンバーの招待・プロジェクトの作成などプロジェクトの全権限を持ちます。複数のメンバーに設定することもできます。

[メンバー]デフォルトは[メンバー]に設定されています。組織の中からプロジェクトにメンバーを招待することも可能です。※招待できる権限はメンバー以下になります。

[サブメンバー]:自分が作成したタスクとチェックリストにおいてすべての作業が行えます。他メンバーが作成したタスクに関しては、コメントのみ投稿可能です。また、プロジェクト内でのリストの作成はできません。

[外部メンバー]:タスクまたはチェックリストで、自分が担当者になっているタスクに対して、コメントとファイル添付が行えます。ガントチャートは、自分が担当になっているタスクのみが表示されます。

[閲覧者]:所属しているプロジェクトを閲覧することのみできます。※閲覧者は無制限に無料で追加することができます。

 
  ▼各権限に関する詳細は以下をご覧ください。

プロジェクト内の権限の変更について

プロジェクト内の権限の変更方法は2種類ございます。 一つは組織のページからの選択、もう一つはプロジェクトのページからの選択です。  

①. 《”プロジェクト”からメンバーを選択し、権限の変更する》

  1. プロジェクトボード画面の上部にある[メンバー]タブをクリックします。

2. プロジェクトメンバー一覧より選択

こちらのプルダウン で該当メンバーの権限を設定できます。  

2.《”組織”からユーザーを選択し、権限の変更する》

1. 組織の設定から[ユーザー]を選択

左のバーの組織の名前の横にあるプルダウン をセレクトし、「ユーザー」を選択します。

2. 名前の左側にある[…]をクリックして、[ユーザー詳細]を選択

ユーザ一覧が表示されます。権限を変更したいユーザーのメニュー[…]をクリックして[ユーザー詳細]を選択します。  

3. [ユーザー詳細ページ]で権限を選択

ユーザー詳細ページでは、それぞれのユーザーがどのプロジェクトに参加しているかが確認できます。 自分が管理者の権限を持っている組織では、下記のエリアでプロジェクトでの権限を変更することができます。 上記のように2つの方法でプロジェクトの権限の変更が可能です。

参加ユーザーの権限変更ができない場合

プロジェクトのユーザーページで、他のユーザーの権限変更ができない場合は自分自身がプロジェクトの[プロジェクトマネージャー]ではないという理由が考えられます。自分で作ったプロジェクトでは、ご自身の権限は自動的に[プロジェクトマネージャー]になっていますが、他の人が作ったプロジェクトでは基本的には[メンバー]になります。