営業・セールスのタスク・プロジェクト管理に

確実な営業進捗管理で、クライアントとの関係を強固に
営業のタスク・プロジェクト管理1

議事録をすべてタスク化。同時に進捗も管理

実行まで忘れない議事録を

会議の内容を議事録にまとめるのは当たり前。しかし、その議事録がしっかりと見返されているというケースは意外と少なく、その分忘れ去られてしまうせっかくのアイデアは数多いのではないでしょうか。

アイデアベースであっても、Jootoに一つ一つメモしておくことで、起案以降そのアイデアたちが具体的な実行に移せているかを確認することができます。もちろん、ボツとなったアイデア・実行に移った後のアイデアを消す必要もないので、アイデア保管・進捗管理の場としても役立ちます。

メールの往復よりも、プロセスまでを把握

クライアントとの連絡はメールが基本。しかし何度も何度もメールをやり取りしていると、重要なメールが埋もれてしまうことも多いのではないでしょうか。加えて、ファイルが重い場合は添付しにくい、ダウンロード期限が定められたオンラインストレージにアップしなければならないなど、面倒なことはたくさんあります。

Jootoのボードにクライアントを招待し、企画書の提示からレポートの送付までを行ってしまうのはどうでしょう。メールでは探すのが面倒な添付ファイルを渡すことはもちろん、自分たちが今何をやっているのか・プロセスも簡単に伝えられるので、クライアントに安心感を与えることにも繋がります。

営業のタスク・プロジェクト管理2

クライアントとすべてのプロセスを視覚化・共有する

営業のタスク・プロジェクト管理3

チーム全員で、各クライアントの進捗管理をする場合

口約束より、チーム全体のタスク共有

一人で営業へ行く場合でも、営業部署全体での協力はしばしば必要です。バラバラに動くこともあるチームの皆が、それぞれのクライアントに関して今どういう状況にあるのか、Jootoで確認してみましょう。

チーム全員が全員の業務を簡単に確認可能なので、進捗状況の「見える化」が進み、「誰かがやると思っていた」・「今どんな状況なのかわからない」、といった問題を一気になくすことが可能です。また、皆の様子が分かるので、お互いによい刺激を与えながら業務に取り組むことにも繋がります。

必要なデータを見やすく共有

顧客情報の管理はどの会社でも行っていますが、データが膨大になるあまり、検索や管理にストレスを感じることもあるのではないでしょうか。今必要なクライアントについてはJootoで一つ一つタスクを作って対応することで、より分かりやすい情報管理ができるようになります。

各タスクにはメモやファイル添付が可能なので、訪問日時の管理から、商談のメモや資料の保存、ぽっと出のアイデア整理まで、ありとあらゆるクライアントに関する情報を一つにまとめることも。

営業のタスク・プロジェクト管理4

それぞれのクライアントをカードで(タスク化)見える化

営業・セールスに必要な機能

ガントチャート

競合に負けないためにも、スピーディーに行動し、スケジュールを立てる必要があります。ガントチャートでよりプロジェクトの見える化を。

ステークホルダーとの情報共有

社内外問わず、メンバーをボードに招待すれば全員が情報をキャッチアップできます。

通知機能

期限日を設定していれば、Jootoから通知が送信され、しかるべき時にやるべき仕事が把握できます。

スマホアプリで外出先でチェック

営業・セールスの方は、移動が多いものです。スキマ時間を使って、すぐに仕事の進捗を入力・確認ができます。

チェックリスト

タスクの下に「子タスク」のような形でチェックリストで細分化できます。

ストレージ機能として

ベーシックプラン(月額1,780円)以上で大容量のストレージが活用出来ます。動画や画像など、大容量のファイルをやりとりする時に。