IPアドレス制限について

IPアドレス制限とは、接続元のIPアドレスを使ってサービスの利用者を制限する機能です。
許可を出したIPアドレスだけアクセスができるため、第三者による不正アクセスを防げます。

情報セキュリティ対策や情報の取り扱いに関するルール(セキュリティポリシー)を定めている企業様についても
安心してご利用いただけます。

IPアドレス制限機能について

エンタープライズプランのみIPアクセス制限の設定をすることが可能です。
組織の管理者のみ設定が可能となっています。
また、Jootoでは50個までIPアドレスを登録することができます。

IPアドレス制限の設定方法

画面左上の組織名をクリックし、メニュー一覧から「設定」をクリックしてください。

IPアクセス制限の「設定」ボタンをクリックしてください。

アクセスを許可するIPアドレスを入力して「保存」ボタンを押してください。
※「保存」ボタンを押してしまうと、入力したIPアドレス以外からアクセスができなくなってしまいます。
 必ず現在ご利用されているIPアドレスをお忘れなくご入力ください。

設定が完了すると確認メールが届きます。

登録されたIPアドレス以外からアクセスすると下記画面が表示されます。
必要に応じて組織の管理者に許可を申請してください。