Evernote, Google/Macカレンダーへのエクスポート機能

new-features

お盆期間ですね!そんなお盆の時期にJooto 4つの新機能追加に関するプレスリリースを行いました!

【 機能1 】  コメント欄で使用できる絵文字機能
【 機能2 】  切り替え簡単なプロジェクトボードのタブ化
【 機能3 】  Evernote、Googleカレンダー、Macカレンダーの外部アプリへのタスクエクスポート
【 機能4 】  Jootoのカレンダー表示からタスクの追加

1、2はすでにこちらのブログで紹介しており、有料プランのみが対象でした。
3、4は今回リリースの最新機能となり、全プランでご利用いただけます。

それでは『Evernote、Googleカレンダー、Macカレンダーの外部アプリへのタスクエクスポート』を早速ご紹介しますね。

Q. エクスポートできる外部アプリは?
Evernote、Googleカレンダー、Macカレンダー(iCalやiOS カレンダーとも呼ばれる)

Q. 何がエクスポートできるの?
Evernote → タスクのタイトル、タスクの説明
Google / Macカレンダー → タスクのタイトル、タスクの説明、タスクで設定した締切日

Q. 逆にタスク内でエクスポートできないものは?
コメント、添付ファイル、チェックリスト

Q. それぞれのアプリの特徴や活用方法は?
Evernote
WEB上の記事のキャプチャ、写真やファイルの添付、文章の作成などが行え、それらをノート形式で保存できるツールです。

Jootoのタスクタイトルと説明がエクスポートされることで、他のノートとあわせTo-Do(やるべきこと)カテゴリーを作成したり、単なるメモとして保存したり、と活用できますね。
実は「タスクをEvernoteへエクスポートしたい」というユーザーからの声を元に生まれた機能なのです。

Evernote

Googleカレンダー / Macカレンダー
Googleカレンダーはウェブベースのカレンダーアプリ、MacのカレンダーはMacBook、iPad、iPhoneなどの標準アプリとして利用できます。

Jootoのタスク上で締切日を設定することで、タスクタイトルがGoogle/Macカレンダーに表示されます。
締切日の設定がない場合はエクスポートできません。

GoogleカレンダーとMacのカレンダーは同期が可能。
さらにGoogleカレンダーはスマートフォンのスケジュールアプリとして人気のLifebear やジョルテなど、多数ツールと連携しているので、プライベートのスケジュールを一括管理しやすいです。

Google_Calendar

次回は 【 機能4 】  Jootoのカレンダー表示からタスクの追加 をご紹介したいと思います。