総務・人事・経理のタスク・プロジェクト管理に

モレなく、確実に仕事をこなすために
総務人事経理用

左からエントリー、一次面接、二次面接のように、選考のステップごとにリストを作成し、候補者を一つのタスクとして作成します。面接で把握したことはコメントで書き込み、次回の面接で誰が見てもわかるようにします。

大量の採用希望者をまとめて管理

新卒採用・中途採用など、人事は一度に大量の応募者の採用管理を行う必要があります。加えて、人事以外の社員にも面接を手伝ってもらうことが多い以上、応募者の情報などを担当社員に細かく伝えることも大切。

Jootoで面接の段階ごとにリストを作成すれば、履歴書を添付したり、過去の面接でわかった情報をまとめたりしつつ、応募者がどこまで面接を進んでいるのかが一目でわかるようになります。合否連絡の有無や面接予定日などもコメントやカテゴリー分けで分かりやすく伝えることが可能です。

細かな総務の仕事も簡単整理

総務や経理の仕事は多種多様で、頭だけでタスクを処理するのはどうしても大変。しかし、タスク管理ツールに一つ一つ設定していくには細かすぎる業務も多く、タスク管理ツールを使いにくい役職かもしれません。

Jootoを誰でもカンタンに使えるツールでありますが、チェックリストやサブタスクを使えば、視認性を失わずに一つのタスクを詳細に記録することが可能なので、どんな細かな仕事も漏らさず実行可能です。

総務人事経理用

業務の種類ごとにリストを作り、「請求書」「消耗品」といった広めのタスクを配置。さらにそれぞれにサブタスクで、請求書や消耗品の具体例を設定することで、分かりやすさと細かさを両立できます。

総務人事経理用

タスクを日報代わりとしてコメントを付ければ、メンバーの日々の様子がよく分かります。職場に順応できるかが気になる新入社員には特に効果的でしょう。

社員のストレスチェックをタスク管理で

社員の健康・ストレスにまで目を配るのは、総務の隠れた仕事の一つ。とはいえ、大きな企業になればなるほど、社員一人一人が実際に何を行っているのかを把握するのはかなり難しいのが実情でしょう。

Jootoなら社員が抱えているタスクや進捗具合などを簡単に確認することが可能なので、労働環境・精神状態の把握に一役買うことができます。特に気になる新卒社員などは、人事やマネージャー側からタスクに対してコメントを付けることで、チアアップやアドバイスを行うことも可能です。

総務・人事・経理に必要な機能

ガントチャート

採用人事において、スピーディーな候補者とのコミュニケーションは必須です。ガントチャートで見える化を図りましょう。

ステークホルダーとの情報共有

社内の全ての部署と関わるのが総務・人事・経理です。ボードを部署ごとに作成し、情報を共有しましょう。

カテゴリ管理

次から次へと降りかかってる仕事、そして業務の幅が広いバックオフィス業務。カテゴリ機能を使い、適切に仕事を分類しましょう。

通知機能

確認ミスや、モレが許されない仕事が多い総務・人事・経理。通知を活用して確実に仕事を終わらせましょう。

チェックリスト

タスクの下に「子タスク」のような形でチェックリストで細分化できます。

ストレージ機能として

膨大の履歴書・請求書データを管理しないといけない場合、ベーシックプラン(月額1,780円)以上で大容量のストレージが活用出来ます。