アフィリエイトのタスク管理。大規模サイトを作る場合、Jootoでやってみた。

affiliateeyecathing

CTOタイラーです!本日はアフィリエイターとして月収50万円以上をコンスタントに稼いでるアフィリエイターさんに実際にインタビューして、Jootoの活用事例を聞いてきましたのでご紹介いたします。本日のテーマは、、

 

ホワイトハットで大規模アフィリエイトサイトを作りたいけど、カテゴリの管理が大変!

大型アフィリエイトサイトはカテゴリ構造が複雑になりがちですが、サイト設計をする段階でタスク管理ツールを使っておけば安心です!というお話です。

 

記事タイトルは「タスクの追加」で簡単に増やせる

aff1

最初にやることは、作成する記事を決めておき、カテゴリ分けまで済ませてしまうことです。それから記事を作成すれば、重複コンテンツで検索エンジンからペナルティを受けるリスクも下げられます。Jootoなら記事を適切なカテゴリに配置する管理が簡単にできます。

まずはJootoのダッシュボードに記事タイトル案を追加していきましょう。左側にあるリスト(オレンジ色)の右下に「タスクの追加」という表示があります。ここをクリックして記事タイトルを追加していきます。

今回は例として記事Aから記事Fまで追加しました。記事を追加する作業が終わったあとは、カテゴリごとに振り分けを行います。

 

カテゴリ間の移動が簡単にできる

aff2

作成した記事をカテゴリごとに振り分けていきましょう。ここでは青色の「カテゴリ1」と緑色の「カテゴリ2」を用意しました。リストの名前が表示されているところをクリックすると、簡単に名前の変更ができます。

アフィリエイトサイトの設計段階でJootoをおすすめしたい理由はカテゴリ間の振り分けがとても簡単だからです。

ドラッグ・アンド・ドロップをするだけで記事タイトルの移動ができます。サイトの規模が大きくなってくると、カテゴリを振り分けた後にもういちど振り分けをやりなおすこともありますよね。

例えば、「カテゴリ1」に置いていた「記事E」を「カテゴリ2」へ移動したいというときでも、ドラッグ・アンド・ドロップをするだけです。表計算ソフトで管理しているとセルを追加したり、セルを追加したことでおこる全体的なズレを修正することも出てきます。

修正作業で手間がかかり、作業時間を消費してしまってはもったいないですよね。マインドマップ系のソフトだと項目の移動は簡単ですが、項目数が多くなってくるとマップが広がりすぎて管理がしづらくなってきます。

Jootoなら記事を配置するカテゴリの変更や全体の見渡しも簡易にできるので、無駄な作業に時間を費やす必要がありません。

設計が終わってからCSV出力もできる

aff3

記事をカテゴリに振り分け終わったら、Jootoでそのまま管理を続けるのもOKですが、CSVでエクスポートもできます。ダッシュボードの情報を必要な項目だけ選んで、CSV発行できます。データダウンロードでありがちですが、すべての項目が出力されてしまいデータ整形に手間取ったことがある方も多いはず。

Jootoはエクスポート段階で不必要な情報を削ることができます。

 

aff4

CSVデータなので、使用しているCMSによってはそのまま記事追加に利用できるのがいいですよね。効率的なアフィリエイトの設計にJootoをうまく利用してみてください。

 

タイラーサムネイルタイラーのプロフィール
日本で基幹系のシステムエンジニアとして数年働いた後、シンガポールに渡り、現地スタートアップ企業で投資・金融系のシステムを1から作り上げた。2015年よりJOOTOにCTO(最高技術責任者)として参画。タスク管理が意外とニガテなので、ブログ書きながらタスク・プロジェクト管理のプロになろうと決意。